サイアムでアキバ系!いつの間にか自分もその中に!

朝起きると12時45分。

昨日バドミントンで疲れて帰り、眠りについた時間は3時。

約10時間眠ったことになる。

だが、体調は前日に引き続きあまり良くない状態。



とりあえず食事もせずにPCを立ち上げてネットサーフィン。そこで友達からの電話。


今からサイアムに来ないか?という誘い。

バドミントンのラケットを買いに行くという話だったのでとりあえず行くことに。



合流はサイアムセンター前で!

合流はあっさりでき、すぐにラケットを買いに行くのかと思いきや、サイアムセンターの横で日本の曲のダンスコンテスト。

しかも曲は日本のハロープロジェクト系ばかり。


同行していたギーの友達が出るということで結局この紺テンスライブを2時間見る破目に。



終了後その友達の属するグループに会いに行くとそこで、アキバ系のような追っかけカメラ小僧が写真撮影。

ギーは友達を待っているし、やることもないのでついでに何となく写真を撮る・・・いつの間にか自分もその一人に。

しかも同行したハリー、ボーイも。


DSCN2487


DSCN2493



流石にタイ人だけあって、写真には撮られ慣れている。しかも一般人ながらのポーズの決めようは日本以上にやってくれる。この写真じゃ普通かもしれないが、実際には写真を撮り始めると自ら背景を気にした場所に動いて撮影されていた。

一眼レフのカメラを持っていたら、この追っかけ集団の完全な一員になっていただろう!


DSCN2501

このグループ、メンバーは10人ぐらいいたのかも。興味もなかったので、ろくに写真を撮りはしなかったが、バンコクでもカメラ小僧の存在は恐ろしかった。

なぜなら、やっぱり撮っている人がアキバ系タイ人バージョンだったから。

可哀そうだったのはメンバーの中の人気のない子は、全くと言っていいほど写真を撮られていなかった。

太っていたから無理もないんだけど・・・まぁ、こういう路線で、そういう存在がいること自体、グループとしては珍しい。


DSCN2484


ライブ中はこんな感じで見ていた!ステージはテントの先。

ギーがオタクの一員として叫んでいたのが恐ろしかった。しかもオタク友達が集まってくるし。JOJOであった言葉の様に、「オタクはオタクを引き寄せる」まさにそんな状態だった。



その後、バドミントンラケットを購入!

メーカーはKingTiger・・・Japanって書いてあったが、知らねー!

帰ってネットでも調べたがそんなメーカー本当に存在してるかってぐらい何も情報を探せなかった。

恐らく、適当なタイのメーカーだろう。値段も900バーツと安かったし、まぁ軽くて扱いやすそうだしビギナーには十分でしょう。



DSCN2502

上の写真はギーのリュック。

見方によってサメだとわかる異様なデザイン。



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑1クリックよろしく!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック