これは一応書いておこう・・・桂花ラーメン トンロー店

最近は英語で別のブログを書いているのだが、まぁそれに伴いこっちもちょっとだけ更新。

気になったので書いておこうと思ったことがある。
それはトンローにある桂花ラーメンのこと。

先日サミティベート病院へハリーと行った。
ハリーは1週間前に首を痛めたのでその再検診。
そして自分は左手首と両肘の腱鞘炎の為。
なぜそんな状態になったかは、まぁネットサーファーの宿命とだけ言っておく。

そんなことはさておき、病院の帰りトンローまで歩き桂花ラーメンに行った。
前回ここらに来たときはと言っても今月だが、家族亭と呼ばれるうどん屋に入ったのだが、まぁ今回はここ桂花ラーメン。
正直、その手前にあったもっこりラーメンでもいいかなと思ったのだが、福岡出身のハリーのとんこつへの愛に押し負け桂花ラーメンへ。

ランチタイムなのでセットがあった。
ハリーはAセット、俺はCセットをオーダー。
で、しばらくして出てきた自分のメニューはラーメンじゃなく、炒められた高菜のかかったご飯と餃子。
ラーメンのセットと認識していた為、一瞬戸惑ったが、まぁ自分のチェックミスなのでいいやとそれを食べる。
そして、ハリーは・・・ラーメン!待っていたとばかりに食べはじめる・・・

数分後、ハリーが口を開く。

これはやばいね・・・。

はぁ?何が? という感じで聞き返す。

味がない。 とハリー。

試しにちょっと食べさせてもらう。


やべぇ。
マジで、こいつはやばい!
本当にやばい。


とんこつだか何だかしらないが、こいつはラーメンの部類に属させることのできないもの。

スープはとんこつっぽいが、苦味があり、そして油の味しかしない。
表現が難しいがスープが、
油 ・ 風味 ・ 旨み
という3つの階層から成り立っていたとしたら、


旨みが全くない。


これをよくここまで食ったなとハリーに問うと、腹減ってたから、と・・・
空腹だったのは事実。朝から何も食わずトンロー駅から歩いてサミティベートまで、そして時間は思ったよりかかり12時半頃から歩いてトンローへ向かったわけなので、結構な減り具合だった。空腹は最高のソースと言われるし。

むしろこのラーメンに似た何かを詰め込んだ努力に賛辞を送るほうが妥当だろう。

で、まぁミスオーダーでご飯もの来た俺はラッキーという感じで完食!まぁ高菜炒めはできてるやつだろうし、おおよそ失敗はないものだろう。


店を出て、これ日本人が経営してるなら最低の舌の持ち主か、タイの辛い食事に味覚奪われちゃったんだろうと話していたが、まぁこれ本音。
失敗系ラーメンでもまぁ食うのは何とかって感じの店にはこれまでの人生に経験してきたが、失敗も海を越えて異国に来ると次元が違うのだと改めて認識した。

で、問題はまだ続く。
BTSに乗ってシーロムの学校に向かう最中、車内でハリーが口を開く。

気持ち悪い・・・と。


・・・


・・




結果そのままハリーは自宅へ。

無敵の胃袋を持っていると思えるハリーがまさかのくまもとラーメンの旗を掲げたお店に・・・ダウンを奪われた。


その店もこのままじゃ更なる犠牲者を出しそうなので、良心に目覚めたわけでもないが、ネットでサイトを探すと意外な事実が発覚した。



↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

桂花ラーメンのオフィシャルサイトにて。



「タイ国の桂花」当社と全く関係ない店舗となりました。



もうすぐバンコクに住み始めて1周年。
まさかと思う場所で気を引き締められた!

ブログランキング・にほんブログ村へ










この記事へのコメント

2010年01月31日 13:08
桂花ラーメンは本店で食べても不味いですよ。
しかし味千もそうだけど、桂花も海外に進出しているとは、熊本恐るべしですね♪
ちょっちょ
2010年02月01日 11:31
え、私熊本の人間ですけど桂花ラーメン美味しいですよ。店舗によって差がありますけど。
でも、海外で桂花や味千とか見ると、ビックリしますね。こんな所にまできて熊本か!と。
ハリー
2010年02月07日 13:51
とっと-
私も熊本出身ですけど、味千ラーメンはかなりおいしいですよ
でも、あの桂花ラーメンは・・・
son of a bitch です
Hive
2010年02月07日 13:57
>ハリー
熊本出身だったのか?
間違えた。でもあえて直さないよ。俺は悪だから。
それにしてもあの状態でトンロー桂花ラーメンほっといていいのかな。
Son of a motherless duck なのに。

この記事へのトラックバック