今更Good-Bye Ranz &英語・・・知れば知るほど感じる葛藤

最近、タイで唯一飲みに行ける異国籍友達であったランディーが異動になった。

Wall Streetで知り合う人は基本的にはお酒のあまり飲めない人(日本人を除く)だが、その中での唯一飲みにもいける仲の存在。それでいて、アメリカ出身なので一緒にいて一番英語を学べる存在だったわけだが・・・

いなくなって、その存在の大きさを久々に思い知らされた。

アメリカ英語なのかどうなのかわからないが、ちょっとスラング的な範囲となると・・・聞ける人がいない?

勿論今までもそうは思っていたが、聞ける存在が身近だった為、何も不自由がない。
つまり聞きたいときに聞くことができる環境だったわけだ。

今日の始まりはこれ。他にもいくつかあったが、まぁこれで始まった。
I'm green with envy.

学校のPTに聞き、PTがわからないので、PTのトレーナーと呼ばれる人が来て・・・それでもわからず、イギリス人のクリスが登場。でも、わからず、クリスがGoogleで調べて・・・ようやく霧が晴れた。

前はブログで書いたのは確か「I'll take a fifth.」だったか。あれは完全にアメリカ英語だったが。


今日の質問では、そのたった一文の意味を知るか知らないかは問題ではないが、アメリカのMovie、TV Showを見て、理解に努めようとする自分にとって、知れないのは結構きつい。さらに言うなら、聞くために書きためて、聞きに行ったがそこでわからずやたら時間がかかり結局Teacher待ちとなるまでの時間がきつい。下手に聞いてこの状態を打破するのに誰待ちってなると、ね。
これまでは最初から聞く相手がネイティブだったというのが、時間的にもどれだけ自分の利益になってたことか。

そしてランディはスラングに関しては、本当によく知ってるアメリカ人だったし・・・プリズンブレイクが英語で楽しめたのもその存在がいたからってのもあったな・・・

ふぅ。時々きついこの環境。ランディ・スカイプもっと入る機会増やしてくれ!


話は若干変わり、最近英語の進歩が思わしくない。いや、正確には知識は向上してるが、会話の進歩があまり感じられていない。これが感じられていないだけならいいのだが。気がつけば契約の終わりに近いところのレベルに来ている自分、ここに来て余計にまだまだ足りないと思うばかり。

テキスト上と頭では理解しても使いこなせない英語。この葛藤が酷い。
さてソンクランまで追い込みをかけとかなければ・・・

この記事へのコメント

としちゃん
2010年04月30日 04:35
はじめまして。
4月からwall streetのsiam校に通ってます。このブログを見て学校を選びました。
僕はこの3月までタイ語を約1年半バンコクで習ってからの英会話なので最初はタイ語が
出てきて困りました。毎日でも通いたいのですが、encounter classの予約が10日先位でお預けをくらってる感じです(笑)僕も最初は自分のレベルを下げて始めました。日本人は文法が強いけど、リスニングやスピーキングは弱いですもんね(笑)契約が切れるということですが、英会話を磨くのに今後どうされるのかもまた書いてくださいね。また、参考にさせてください。
2010年04月30日 13:50
書き込みありがとうございます。
英会話、後半になって気づくことはやはり時間の許す限りゆっくり進めることです。といってもなかなかそれができず、サラりと終わるスピーキングセンターの学習を終え進んでしまうことも多々。なので、学習したユニット内の各文法を極力意識して使うことが本当に必要です。WSの学習は進むと同じ文法がさらに応用とされ出てきますが、その時前のところまでが出来てないと非常に苦戦します。でもエンカウンターパスしてしまうと、見直さなかったり・・・エンカウンター10日先、まだいい方だと思ってその時間に文法を使った会話、もしくは単語の習得に時間を割くといいと思います。単語は知っておいて全く損はないので。学習方法は個人でいろいろ違うと思いますのでなかなかこれ!とはお勧めできませんが、学習環境は確実に日本人から離れてでも外人といる環境を作ることです。時々友達を失いますが・・・lol
サボり気味ですが、また気が向いたときにブログは更新しますのでよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック