インド料理・・・日本人で好きなやつっているのかな?(2010年12月19日)

ブログは書かないとあっという間に時間が過ぎる。
というのもインドの最悪なことは電気、ネット設備が悪い。
電気はホテルすら停電なんてよくあること。
ブログはというと、ウェブリグログ重い。開かない。

こりゃ海外向きではないなやはり。
ということで、書き溜めておいたブログ。
写真なんてアップできないし、以前に考えていた状況と全く違う。


日曜日。前日の散歩でもうすることもなく、どこに行くのも徒歩の限界がわかり、ホテルに引きこもり。
と考えていたところで、日本人駐在のTさんがインドへ出張から帰ってきて連絡をくれた。

昼食を食べに行こうということで、暇な一日を過ごさなくてすむと思い、出かける事に。


Tさんと合流し、何を食べたいと聞かれ、インド料理と答えると・・・
インド料理か・・・と言葉が詰まる。
何だかちょっと嫌そうな反応だったので、思わず何でもいいですよと答えたわけだが、それでも結局インド料理の店に行く事になった。

ちょっと高級なインド料理のブュッフェの店。
いろんなカレーが並んでいる。


とりあえず全部と思い、皿に少しずつとったわけだが、いざ食べてみるとなんか納得。

味はいいものなんだろうけど、そもそも料理のバリエーションがあまりに近い。
例えるなら、ラーメン屋に行って、しょうゆラーメンにこしょうをかけるか、ラー油を入れるかという感覚に近い。
決して、味噌ラーメン、しょうゆラーメン、塩ラーメンの差ではない気がした。

ナンブレッドはおいしいので食べまくったが、でもナンもそれ自体で楽しむものではないし、結局結論は全てカレー味で、デザートがやたら甘いというだけだった。

まぁ仕方ないのかもしれないが、自然食をこよなく愛する自分としては素材はともかくスパイスで味付けする料理という感覚でしかなかった。まぁ暑い国では基本辛いものや油まみれのもの、香辛料や、薬草系が入っている料理が多いが、水が悪かったり、菌に対する処置故にこうなるだろう。


で、Tさんとも話していたが、インド料理は飽きる、これをどこでも食べたいというインド人は欲がなくて幸せだという極論にたどり着く始末。

インド料理大好きですという日本人にあったら聞いてみたい。
その大好きレベルはどのレベルですか?と。


もし毎日いけますという人がいたら・・・日本の料理は知ってますか?
と聞き返してあげたいくらいだ。


せっかくのインド料理、この一週間で何となくわかったが、まぁこれがこっちのベースなんだと。
申し訳ないが俺にはこの国の料理は楽しめないです・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック