疲れは一体どこから来ているのか。

朝7時10分起床。幸いなことにタイより遅く起きられる。タイでの生活は基本的には6時半起床7時には家を出て、約1時間15分通勤にかかる。
朝がゆっくりに感じるのはとても嬉しい。
そしてインドの朝。
外は霧がかり霧の合間から差し込む日差し。本で見た写真のような光景が広がる。
朝はかなり冷え込んでいたが、久しぶりの寒い朝にベランダにてタバコと共に冬を満喫。タイではない冬がここにある。


束の間の休息だったが、いい朝を迎えたのはここまで。朝からまた事は起こった。
事前に言っとくがもう明日以降は起こらない。理由は後程。


7時半朝食予定。寝ぼけながら着替え、仕方なくSを呼びに行く。部屋のベルを鳴らしてもなかなか出てこない。案の定、寝てました。

顔を合わせ一声が「今何時?」
「7時40分」

この瞬間もう決定した。明日からは一人で行動すると。


もういやだ。本当に典型的なSはタイ人だ。ここまで典型もあまりまわりにいなかったが、こんなところで知ってしまうとは。

He keeps doing on Thai time.

仕事で来ているのに、時間は確実に守れない、守られない。
今の職場は初めてのタイでの仕事ではあるが、思った以上に皆遅刻せず来るので驚いた覚えがあるが、やはり全員ではない。
完全寝起きで着替えてすらいなかったので、先に朝食に行くことに。

せいぜい起きててほしかった、俺が呼びに行かなければいつまで寝てたのだか?


先に朝食を食べ始め、ほぼ食べ終わったころに彼は来た。
ちょっと疑問だったので昨日何時に寝たのと聞くと。
「10時半」


・・・9時間睡眠か



8時45分ホテル出発。迎えは時間通りに来ていた。
Sは5分遅れて参上。

もう何も言いたくない。

オフィスに着き、今日は一日スピーカーの取り付けチェック。寸法とか、そういったもの計測。

昼食はKFC。カーネルを頂くことに。
何だか無難なものばかりだが、まぁとりあえず病気にかかりたくはないので。
事前入手のインドの情報は希望を持たせないぐらい酷かったが、今のところやっていけそうな状況。匂いは寒いせいかあまりしないし、路上を歩く牛にも特別驚かない。むしろ、タイにはじめに来た時、ゾウが道路を歩いているのを目にした時のほうが、よっぽど印象が強い。

ただ、空気は違う。
埃っぽいとは聞いていたが、昨日空港を出た瞬間にそれは理解できた。乾燥している故、砂埃が舞っているという状況。コンクリートの道路の脇は砂地しかないから当然のなるべくしてなる環境だろう。

夜仕事の後、インド人のMrマハラジャ(勝手に命名)と出かける普通に名前使っていいのな?
お肉屋さんで売っているチキンバーベキューを食べたが、これが驚く程にうまい。
立ち食いではあったが、本当においしかった。
正直、インドに来たらまたここで食べたいと思えるぐらいのものであった。
味付けはこしょうと塩がベスト。マサラ味のも食べたが、これは飽きそう。やはり食べなれた味付けが一番いい。

これで体調不良には到底なりそうもないが、まぁそれはわからないか。

たっぷりのチキンを食べ、ほとんど満腹になったところ、Mrマハラジャは、じゃ、ご希望通りパスタを食べに行こうかと切り出す。

もう食べなくても大丈夫なくらいなんですけど、と言いたいところだったが、まだ入るし、せっかくのインドを知りたいので、インド料理の店に行くことになった。店ではまぁ普通のチキンカレーとVosaという料理を食べたが、薄い煎餅にマッシュポテトが入ったような味だった。まぁ無難なものだったので、詰め込むように食べた。

(既にいつも食べ物に危機感を感じているのがこのブログを書いててわかるのが面白い。)


その後帰宅、疲れはある意味ピーク。何の疲れかって?
間違いなくSとの行動・・・

帰りの車の中では、昼食は自分が払ったから金を返せと・・・
いや、私払いましたし、なぜ250ルピーのものに800ルピー払ったと言い切っているのがわからなかった。KFCのレシートは俺が持ってるわけだし・・・

なんだか、わけがわからない。タイ人にしては珍しい程に無愛想で無口だし。まぁ英語があまり話せないから仕方ないが…

とにかく、その誰に何の為に払ったか確認しろと言ってようやく話が終わった。
本当に疲れる。正直この出張の労力はここに60%使われている。最低なパフォーマンスだな。

ネットはつながらないのでまたこのブログも保留かぁ。こりゃ写真をアップもしたくてもできないわ。

読んでる方には本当申し訳ないですが、本当にホテルのネットくそなんです。
おわり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック